世界中で支持され、
科学的にも証明された教育法。

モンテッソーリ教育は、イタリア初の女医、マリア・モンテッソーリ(1870-1952)が生み出したメソッドです。現在ではこの教育法は世界中に広まり、その教育効果は、脳科学、発達科学等多くの分野で証明されています。100年たった今でも改めて見直され、注目を浴びている幼児教育です。

0-3歳特有の
「吸収する心」。

モンテッソーリは、3歳までの子どもに「吸収する心」があることを発見しました。それは、乾いたスポンジが水を吸い込むように、周囲のものを積極的に吸収する特別な心です。そこで吸収したものをもとに、その後の自分をつくっていきます。つまり、3歳までの環境が生涯に多大な影響を与えるのです。

子どもが本来持つ、
自立に向かって育つ力。

モンテッソーリ教育では、子どもが一番興味を持つ活動を自分自身で選んでじっくり活動していきます。その時期の発達に適した環境が与えられれば、自分で活動を選び、繰り返し、自信を深めながら成長していきます。幼児期のこの体験こそ、豊かな人格を築く土台となります。